ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼氏と英語


       先週、素敵な20代の女性とお会いしました。
       このかた、誰ともすぐに友達になれるタイプで、さわやかオーラがでまくりの、
       人を引き寄せるタイプの素敵な方なのです。しかも、自分のお仕事はしっかり
       こなしている。ん~ すごいんだわ。

       そんな彼女に、わたしは「ね~ ね~ 英語やっておこうよ~」と言い、
       会うたびに その彼女のお仕事に関係する やさしい英語の本を
       アマゾンと丸善の回し者のようにせっせと、せっせと運んでいたのでした。

       それが、なんと 「おー denkoさん 聞いてくださいよー」と。
       なんと 大きな声ではいえませんが、この方とおじい様とおばあ様とで、とても素敵な場所に行き
       (お嬢様 だとは知っていましたが、予想を超えていたようでした!お母様もこれまた 素敵な方で)
       バーで、外国人 友ができたそうです。そこで、わたしが持って行った やさしい英語の本が
       役にたったと、ご報告いただきました。いまは、頻繁にメール、スカイプをやりとりしているようです。
       「ちょ ちょ ちょ あんた 彼氏いたよね! 前に紹介してくれたよね あの遠距離恋愛の彼氏
       は、どうしたのよ」と頭をよぎったのですが。それはそれ、これはこれということでしょうか。

       くやしいことに、マジのネイティブと頻繁に英語でやりとりしているうちに、英語がスムーズにでる
       ようになったといってました。文法ミスも訂正してくれるので、だんだんわかってきたともいってましたねー
       うらやましー ぞ。やはり オープン・マインドで人に接している人って、得ですよね!!!

       なんと その外国人メル友が来月 日本にくるとのこと。
       そこで 私に頼みがあると、
       「んー なんでしょう。なんでもいってくだい。」とわたし。
        「お父さん 役で、一緒に会いに行ってくれませんか」
       と頼まれました。

        なんでもメール交換(フェイスブック)しているうちに、だんだん彼に下心が芽生えてきているので
       一応 用心のため ということらしい(下心は、初めから じゃやないの~)。
       「 いいよ~ もちろん!」とわたし。「でもさー お父さん役じゃなくて、年のはなれた 恋人役
       でも、いいじゃん」と言いいましたところ。天真爛漫な素敵な20代中ごろの彼女は
       「 ぎゃ ハハハハーーー それは無理ーーーーーー」 だって。
       「おい お前! ちょっと ちょっと」と私。
       正直 若干 傷ついたのですが、父親という大役のご指名をわざわざしてくださったので、
       立派に果たしてまいりたいと存じます。

       現在、下記の英文が書いてある Tシャツを、 着ていくか調整中。
     
         I'M A DAD WITH A SHOTGU
       A SHOVEL AND A BACKYARD.


          しかし、なんですな。 やはり 20代とは” 笑いのつぼ” が、ちがうようで、
          「えっ なんで 」というところに反応しますよね。思わぬところで、うけて
          まじに椅子からころがり落ちやっがた
          ジェネレーション・ギャップを感じぜずには、いられません。


          オープン・マインドの人ってほんとにすごいですよね。
          ご家庭の教育がよかったのかしらん。
          いいなー

          さーてと、天気がいいときに 庭に穴ほらなきゃ!
          キャハハッハーーー
       
       
       
      

       
       





       
スポンサーサイト
3匹の猿で学ぶ四か国語


            ピッピさんは、キーワードは何で検索したんでしょう?
            あそこのページにたどり着かないのですが


            don't speak a monkey sculpture
             で、検索したところ ウッキに

            Three wise monkeys
             で ありました。なるほど こう言うのね。

            面白いのがありました。見ざる、聞かざる、言わざるを
            英語、オランダ語、ドイツ語、フランス語 で学ぶ。

           ・Welcome to our October 28, 2014 edition!

            すごい! 最新の スリーモンキーのとっぴくすが
             最新の話題があることに 驚きました。研究途中なんですね。
           ・Three-Monkeys.Info Online Newsletter

            よくある質問まで。
            疑問に思うことは、万国 共通なのでしょうか?
           ・Frequently asked questions

            しかし まー 世の中 ほんとにいろいろな方が いらっしゃるもんですね。

            
             
            読んでみると けっこうおもしかったです。
            これでいけるか 四か国語!











アイルランド系移民の歌?


     
ギャング・オブ・ニューヨーク [DVD]ギャング・オブ・ニューヨーク [DVD]
(2003/08/08)
レオナルド・ディカプリオ、キャメロン・ディアス 他

商品詳細を見る



ギャング・オブ・ニューヨーク (ハヤカワ文庫NF)ギャング・オブ・ニューヨーク (ハヤカワ文庫NF)
(2001/07)
ハーバート アズベリー

商品詳細を見る



        ・ ギャング オブ ニューヨーク
            アメリカの歴史、ニューヨークの歴史、アイルランド系移民、政党の成り立ち 等に
            興味がないと、ただの暴力映画だと思われしまうような気がしますが、よい映画。

            の、このシーンに流れる曲を探していましたー

         ・Gangs of New York (6/12) Movie CLIP
           列にならんでいるのが、アイルランドからの移民。机の上にあるのが、市民権と志願兵の書類。
           やっとニューヨークについたとおもったら、その足でなかば強制的に軍(リンカーン側)に入隊
           させられ、新品の制服とマスケット銃(ライフル)をもたされ、どこぞの戦場(もちろん 国内だけ
           れど)に送られるシーン。乗船する新兵と引き換えに棺がおろされるところが、なんとも。
           ちなみに、つばを吐いた人が、ギャングのネイティブ団の親分、デカプリオをその親分に父親を
           殺され、復讐を企てていくのでした。(ここでネイティブ というのは、独立戦争を戦った人の子孫)。


           それで、この歌でした。
           Paddy's Lamentation

            paddy とは、
            《口語》 [しばしば軽蔑的に] パディー 《アイルランド人のあだ名; ⇒Uncle Sam 【解説】》.
            [アイルランド人に多い名前 PATRICK から] ネットの辞書より。

            Lamentation は、悲嘆・哀歌。

            ・Paddy's Lamentation
                ↑ 歌詞 弾き語り。

               歌詞がすごいです。

              General Meagher to us said
              "If you get shot, or you lose your leg
               Every mother's son of you will get a pension"
               But in the war I lost my leg
               And all I got's a wooden peg
               Oh Me Boys, it is the truth to you I mention

               飢えと貧乏で国をでてきたのに、ヤンキー大陸についたら大砲の音がして、
               銃をもたされ「リンカーンのために戦え」といわれ。あ~ 懐かしいダブリンに
               帰りたい。


        

              今でも歌われているのが、すごいですね。。 他の方もありました。
        







「洋書 案内」の案内:スゲー 英語の本ばっかりだ!


         この方は何方か存じませんが、おもしろいです!
         アメリカの本好きの方? 書評家? 出版社の広報?
         ティーンの本ばかりですが、youtubeにアップされているようです。


         ・ Katytastic



        Recommending My Favorite Authors!
     


        BOOKISH SCENARIOS ← 映画になったティーン本? シナリオ。
                          メークが、バンパイヤーメーク。
     



         

        本場の多読はすごかった。
    古典は学校で読むのかしらん・

        5分ぐらい聞いてないと、なにを言っているんだか わからん。

          UPDATED Bookshelf Tour
        


          オランダの方か?
         Read It First | Upcoming Book to Movie Adaptations in 2014.
        


         







瞬間英作文 2

         加山雄三 ブラック・サンド・ビーチ にはまる。
         弾 厚作 ? どなただろうと思いきや、ペンネームだったんですね。
         村下考蔵さんのブラック・サンド・ビーチ もいいですね~

         さて、相変わらず 図鑑をあちらこちら買っておりますが、
         アメリカの古本屋さんからメールが届きました。 
         ぜひ、英語訳に挑戦してくださいませ~
         
        ・下記の文を英訳しなさい。
      「最近の本の購入いただき再びありがとうございます。
    只今ご注文を受けましたばかりで
    今すぐ出荷し始めるところであるということを通知致します。」


        「今すぐ出荷し始めるところであるということ」が、わかり
         大変 うれしく思います。
         アメリカの古本屋さんからは、3回 届かなかったことがあります。
         怪しいな~ アメリカの郵便。


    
  


       ・6月中に読了できませんでした。小説と違って、知らない単語を飛ばすと何か何だか
        よくわからなくなるのが、ノンフィクションのめんどくさいところ。
        結局、事故発生→調査→ヒューマンエラー(設計の瑕疵含む)→認知心理学 ???

  
Inviting Disaster: Lessons From the Edge of TechnologyInviting Disaster: Lessons From the Edge of Technology
(2002/08/20)
James R. Chiles

商品詳細を見る

   

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか
(2006/10/19)
ジェームズ R・チャイルズ

商品詳細を見る











プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。