ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
11 | 2012/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文をまるごと覚えるの巻き
   
   社会問題、時事ネタを英文で書くと途中でかならず破綻する。これをどうにかしたい!
   そこで、改善計画第一弾として、やさしめの英文で書かれた社会問題系の英文を丸暗記する!


     ○ 「Voices of Youth」
       http://www.voicesofyouth.org/

       人権、貧困、教育、健康、環境、AIDS、暴力、ヘルプ の8項目。
     
       ・Education 
        Every girl and boy has the right to a good education,
        but millions of children and young people miss out.
        Education isn’t just about finding a job. ・・・・

        やさしい単語でよくここまで書けるもんだと思うような英文がたくさんある。
        



      ○ 「you think Blog」
         http://blogs.worldbank.org/youthink/

       世界銀行のホームページにある世界の若者向けサイト。
       Mayu Muto さんという日本人の方の表彰式の模様も掲載されていました。
       日本の将来は、Mayu Muto さんに任した。


      you think の中に 「Youthink! Issues」というのがある。
      扱われているのは、主に途上国の問題だが たいへん参考になる。
      教育、ジェンダー、気候変動、紛争、貿易・・・・の16項目。
      英文は「Voices of Youth」よりは若干むずかしくなっている感がある。
      

       ○教育問題で面白そうな記事が、MITの雑誌に。
        
       ・「MIT Technology Review」
         http://www.technologyreview.com/magazine/2012/11/

         「The crisis in Higher Education」という記事が。



       ○TED
        バリバリ イギリス英語?の Ken Robinson の教育ネタはおもしろい。
        (画像が小さくならないんですけど)
        
        ケン・ロビンソン「学校教育は創造性を殺してしまっている」
        


        
スポンサーサイト


プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。