ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
06 | 2013/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイアモンド・シークレット 
The Diamond Secret (Once Upon a Time)The Diamond Secret (Once Upon a Time)
(2009/06/02)
Suzanne Weyn

商品詳細を見る



             ダイアモンド・シークレット、読了。
             語数が約45,000語 
             この本は単語がよかった! 文学系にでてくる単語が、ときどき出てきた。
           
           
             生き残ったアナスタシアが、パリに住む皇后に会いに行くという
             アナスタシアものの王道なストリー!

             「ダイアモンド・シークレット」というのは、赤軍兵士に銃で撃たれたとき、
             ペチコートに縫いこんでおいた宝石に弾があたり、アナスタシアだけ難を逃れた。
             みたいなアナスタシア伝説からきてるらしい? この本の中では、別の役割も。

              しかし、この表紙の背中の開いたドレスはいかがなものか!!!
              王室の方は、せいぜい肩までしか見せないと、服飾関係の方に聞いたことがある。
              ちがったかな?

              「ロマノフ ドレス」で検索しても、背中のあいたドレスは無いではないか。

              「ロマノフ宮殿」、エカテリーナ宮殿、アレクサンドル宮殿、他。

               実際のアナスタシア始め、姉妹のお話。
              ・Romanov sisters
               youtubeで「Romanov」で、検索すると おどろくほど、動画があった。

              人間生まれてくる時代、家族、国なんて選べないわけだが、
              17歳で銃殺されるなんて。ん~
               


              話はかわって、この本の「once upon a timeless」シリーズは、
              表紙が、ガリーすぎるような気がしますが、英語はガリーではないので、
              けっこう読めるかも。使ってる「動詞」が、良かったー 
              文学系の洋書に直接 挑戦するより、この辺の本でなれるのとか。

              アーサー王の話をさがしていたのだが、なんでアナスタシアになったのかな~



              
                
          


スポンサーサイト


プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。