ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
07 | 2013/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるみ割り人形


             知りませんでしたー
             多言語ブロガーの、うさぎさんのブログが復活してたなんてー
             それに、通訳案内士を受験されたとは、うさぎさん さすがです!!!
 
            ・「うさぎメモ@多言語に夢中



The Nutcracker (Scholastic Junior Classics)The Nutcracker (Scholastic Junior Classics)
(2003/09)
E. T. A. Hoffmann、Jane B. Mason 他

商品詳細を見る


              横浜の古書店の文庫本1冊100円のワゴンに
              まぎれてました。

              読了まで、約80分(元気に音読シリーズ)にかかったので、
              12,000語ぐらいでしょうか。
          
              「ナッツ・クラッカー」って何?と思って読んでました。
               途中で、やっとこれはバレーでおなじみ「クルミ割人形」だと
               気づきました。

              こんな話。
              It's Christmas Eve and Marie has found a funny-looking nutcracker
              under the tree. Marie's godfather says this nutcracker once saved a
              beautiful princess from a horrible spell cast by the wicked Mouse Queen.
              But nutcracker is in danger -- the Mouse King seeks revenge !

              冷静に考えれば、かなり阿鼻叫喚!ねずみ軍団が、部屋のお菓子を平らげる!
              P69
              ”I have no idea how mice are getting into the parlor," she said.
              "They've eaten up all your candy,Marie." Indeed,
               the Mouse King had gobbled up all of Marie's sweets
               - except the marzipan.

               マジパンが嫌い、というのは、一応この本では複線になってました。
               クルミ割り人形は、バレーで有名ですが、ナッツクラッカー役の方は
               どんなメークかしらん? まさかこの本の表紙みたいな?

              ・チャイコフスキー「the nutcracker」、サラッと総復習。
               The Nutcracker

              ・ナターシャの児童用向け「ナッツクラッカー」読み上げあり。
               「A Christmas Nutcracker

               ・BBC 児童向け動画 
                「The nutcracker

               ・「世界のナッツクラッカーグッズ










Amazing BuildingsAmazing Buildings
(1993/04)
Philip Wilkinson

商品詳細を見る

               

画像23 006

               この本は、デカイのです。
               語数が、約17,000語、読了まで2時間10分。

               世界のアメージングな建物を解説。タージマハール、姫路城、
               シドニーオペラハウス、イギリス国会議事堂、自由の女神、
               ドイツの発音がむずかしい城・・・・・。おもしろかったですよ。

               ・ノイシュヴァンシュタイン城
               Ludwig was the patron of the composer Richard Wagner and his operas.
               He made Wagner's operas ,and the German legends that inspired them,
               the theme for his castle.(P34)

               城主が、マーラーのパトロンだったそうです。このお城は、けっこう新しいん
               ですね。この時代、ドイツが近代化に乗り遅れたから?

               それにしてもきれいです。このお城!










Who Was Charles Darwin? (Who Was...?)Who Was Charles Darwin? (Who Was...?)
(2005/05/19)
Deborah Hopkinson

商品詳細を見る


              一時間かからなかったので、7500語ということで。

              Who was ~? シリーズはいいです、グッドです。
              進化論の本は、「みんなの進化論」の原書を30ページで放置した経験が。
              巻末のおすすめ本が、ありがたいです。

みんなの進化論みんなの進化論
(2009/04)
デイヴィッド スローン ウィルソン

商品詳細を見る


巻末に載っていた。
What Evolution IsWhat Evolution Is
(2002/12/05)
Ernst Mayr

商品詳細を見る





スポンサーサイト


プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。