ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
05 | 2014/06 | 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えつ子
鉞子(えつこ) 世界を魅了した「武士の娘」の生涯鉞子(えつこ) 世界を魅了した「武士の娘」の生涯
(2013/03/26)
内田 義雄

商品詳細を見る


武士の娘 (ちくま文庫)武士の娘 (ちくま文庫)
(1994/01)
杉本 鉞子

商品詳細を見る


A Daughter of the SamuraiA Daughter of the Samurai
(2012/12/11)
Etsu Inagaki Sugimoto

商品詳細を見る


峠 (上巻) (新潮文庫)峠 (上巻) (新潮文庫)
(2003/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


             

           英語で出版された「A Daughter of the Samurai」は、キンドル版だと 90円!
           になってました。間違ってないですよね、この本で。

          えつこ さんのお父様は、あの司馬遼太郎の「峠」の主人公 河井継之助 に
          反対し(非戦、恭順)をとくも あえなくおしきられ閑職へ。
          この本で一番おどろいたのが、河井継之助の描かれかたです。たいへん
          厳しく書かれていました。ガトリング砲も役にたたなかったとは。
 
          婚約者がアメリカにいたために、えつこさんは英語の勉強を始めたとのこと。
          アメリカに渡ってから、一生の友になった米国人の婦人にめぐりあったそうです。
  
          アメリカで本が出版できるレベルの英語力をつけたいものであります!?

          そうだ、明治憲法が発布されてから、ミッションスクールは弾圧を受け廃校に
          なった学校があったそうです。ですから、花子とアンの主人公も、恋に仕事に
          全力投球だけではすまず、出身校の存続が気になっていたのかもしれませんな~
          年代がずれてる?

         
          話はかわって、先日 若者と昭和歌謡の話をしておりました。
         ・ 岡村孝子 「電車」









            
スポンサーサイト


プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。