ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
09 | 2014/10 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE MAX




The Max (Hard Case Crime Novels)The Max (Hard Case Crime Novels)
(2011/03/29)
Ken Bruen、Jason Starr 他

商品詳細を見る


          ・220ページ
           約 48,000語
               

           Max Fisher(売人)が、すぐに捕まり収監。
           すぐに捕まって収監ということは、あとはどうやってシャバにでるのかの問題になるわけで。
           大筋は簡単な話なのですが、刑務所の仲間、彼氏、手下などが どんな犯罪を犯して
           きたのかが書かれているので、ぼお~と読んでいると、誰が何をしてきたのか混乱します。
           たかだか220ページの本なのに、80ページ読んで 、また1ページにもどって整理しました。
           あ~ がっくりの敗北感!

           Max in the cell blocks of Attica,
           とあるのですが、混乱のもう一つの原因「Attica」、 アティカをググったところ
           ギリシャの地名らしいのです。実際 この話にギリシャのことが多くでてきました。
           しかーし、Attica を、ギリシャの地名だと読むと、つじつまが合わないことがでてきます。
           そこで、Attica を もう一度検索すると、
             
            アッティカ刑務所暴動
             ↑ こっちでした。それで 話の早々に主人公が収監されたんですね~
               でも、ギリシャのAttica にも かかっているような気もしますー
               謎であります。

                 
                  
           ・おぼえた単語。
            Impiety   不信心
            Flattery   お世辞
            probation  保護観察
                  
 
            あいかわらず ハード・ケース・クライム シリーズは、B級映画をみているような
            しょうもなさが、癖になりますー








スポンサーサイト


プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。