ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
10 | 2014/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学賞
ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち いま読みたい38人の素顔と作品ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち いま読みたい38人の素顔と作品
(2014/09/16)
都甲 幸治、西脇 雅彦 他

商品詳細を見る



        この本、 NHKの何かの番組で紹介されたらしい、知人に教えてもらいました。

        毎年、秋になると、村上春樹のノーベル文学賞受賞なるか、と騒がれますが、
        世界は広かった! こんなにライバルがいたなんて、しらなんだ。
         
        ノーベル文学賞をとりそうな、38人の作家と作品の紹介本ですが、文学 ぜんぜん
        わからん。の わたしには、とても良い 案内書でした。
        前文(イントロ)の、文章が面白かったです。
        「作家と政治家は本質的に敵どうし」云々。

        イタリア人のダーチャ・マライーニは、幼少期の7年を日本ですごしたそうで、
        イタリア降伏のあと、収容所で生活をおくったらしい。
        数奇な運命? 時代に翻弄された?

        さて、来年は何方が受賞なさるのか?











スポンサーサイト


プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。