ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
02 | 2015/03 | 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリよ


        むかし 「パリは燃えているか」が、有りました。
        あれは、レジスタン側からの話だった?
        ちがったかしらん?

        「パリよ、永遠に」
        こちらは、フランスを占領しているドイツ軍の将軍の話。
        映画の予告篇どおりなのですが、映画館でみると砲弾の音が大変迫力があり
        一刻の猶予もならない緊迫感がでてました。
        パリを徹底的に破壊する作戦は(戦略上全く意味のない)20分もあれば完了する。
        この作戦の中止をスウェーデン領事が説得して断念させていくわけです。
        机の引出しにある物が写るのですが、このシーンが一番緊張しました。

        この映画のセリフにもありますが、終始一貫 問われているのは

        君ならどうする?
         なのではないか。


        横浜のジャック&ベティでみてきました。


パリは燃えているか [DVD]パリは燃えているか [DVD]
(2015/04/08)
オーソン・ウェルズ、ジャン・ピエール・カッセル 他

商品詳細を見る


           

           ・パリよ、永遠に











スポンサーサイト

    発音記号修得に必須アイテム。

    手鏡

    自分の 舌 が、おもってるより 出てない なんてことを確認するのに必須!

    この小道具の有り無しでどれほど効果が違うか!

    


    この クイン の 口のかたち、舌の動きを よく見るのだ―
    これが英語話者の口の動きじゃー
     
    歌がはじまる前のセリフが生意気!? 高校生とは思えません。

    ・GLEE - Never Can Say Goodbye







    
発音記号

      先日、ながらく放置してきた「発音」のワークショップに行ってまいりました。
      あ~ なんて馬鹿なんだ! 発音記号を甘くみていました。
      英語耳が、はやったときにちょろと、やっただけかも。

      ワークショップの先生は、とっても素敵なボーカリストの方でした。
      英会話では、けっこう発音はごまかせるでしょ? な~んとなく、通じるときは通じる。
      しかーし、英語の歌を歌うボーカルの方は、ごまかしがききません。
      わたしのような素人でも、あっ この人の発音はカタカナだ、なんてすぐわかるものであります。
      もしかしたら、英語の先生よりも発音を徹底的に練習なされているのかも?
      外国からこられたお客さんの前でも歌うので、発音に気をつけていらっしゃるのかも。
      
      多読をつづけていると、たしかに、PBは読めるようになります。
      どうか みなさまにおきましては、わたしのように遅きに失しないうちに、
      「発音記号」 は、徹底的に練習なさってくださいませ。
      あとあと、リスニング、会話が楽くになると思いますよ。



       




      
済んだこと

  
養老孟司の大言論II 嫌いなことから、人は学ぶ (新潮文庫)養老孟司の大言論II 嫌いなことから、人は学ぶ (新潮文庫)
(2014/02/28)
養老 孟司

商品詳細を見る



         p78 に、ニュースについて書いてありました。
         いつものとおり、すばらしいご指摘。

         ニュースというのは、報道されるころには もう済んだこと、起こったこと。
         それを追うジャーナリストは、後ろ向きに走る人、かれらには、背中の方向はみえない。
        
         このあとに、続きますが、なるほど。








         
judgmental


   
マダム・イン・ニューヨーク [DVD]マダム・イン・ニューヨーク [DVD]
(2014/12/03)
シュリデヴィ、アディル・フセイン 他

商品詳細を見る


     ちょっと前に公開されていたと思ったら、アマゾンのストリーミングにもあるんですね、すでに。
     早いわ~  

     アンコール再映にもなっていたので、ほんとに普遍的なテーマなのですな。
      
      judgmental してはいけない、ということでしょうか。
      勝手にきめるな! わたしはお前の思っているような人間ではない!

      ちょっとづれますが、こんな感じか?
      こういう 内容の歌詞の歌は、洋楽によくありますよね~ たしか。


     最後のスピーチが、これが簡単な単語でたいへん意味深い名スピーチでした。
     こういう感覚はどうすれば磨かれるのでしょう?
     英会話教室のシーンも、ひたすら英文暗記する という感じでもありませんでした。
     暗記した英文に自分の意見を合わせる(英検の二次)みたいなバチ 
     あたりにことをやってきたので、猛省であります。

     どこの場面とは言いませんが、「おぼんがひっくり返る」ところが、ぐっときました。
     こういうことってあるよな~ なかなか現実はうまくいかよな~
     
     ・English Vinglish script











言葉と意識

       
           養老先生の講演が、おもしろいです!
     
           意識の世界と、無意識の世界。
           なぜ、老人の経験談が聞かれなくなったのか。
           絶対音階と動物の世界。
           動物はなぜ話せないのか。
           英語の発音。
           血圧と東大医学部の学生の関係。
           なぜ 少子化か。
           情報とはとまったもの。
           あ~ すれば こうなる のか?

          ・(社)こだま青年会議所『講演・養老孟司氏』






わかった!



    youtubeで養老先生のお話を聞いて永年の疑問が溶けましたー

   イギリスものの話しは、やたら きつい皮肉が多いのは何故か?
   → 皮肉を言っても理解しない奴が多いから、だんだんきつくなった、とか。

   フランスでフェミニズムが盛んになったのは何故か?
   → 扱いがあまりよろしくないから。

   
   NHKで放送されている ダウントンアビー
   は、何故 遺産相続でもめるのか?
   → 無思想の思想(養老孟司)に、ちょっとだけイギリスの家族制度が載ってました。
      イギリスの家族制度は自立した個人の集合のなので、旦那さんが、必ずしも
      奥さんやら子供に相続しなくてもよかったらしい? どこの誰に遺産が相続されるか
      わかったもんではない から?









プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。