ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバル
グローバル・ヒストリーとは何かグローバル・ヒストリーとは何か
(2012/08/30)
パミラ・カイル・クロスリー

商品詳細を見る


What is Global History (What is History series)What is Global History (What is History series)
(2008/03/25)
Pamela Kyle Crossley

商品詳細を見る



             本の内容は、アマゾンのレビューに詳しい! そちらをご覧下さい。

             さて、何でこの本を読んだかというと、数年前から「病原菌・種子・動物」
            「銃・病原菌・鉄」「土の文明史」「水と人類の1万年史」・・・・等々、
             これらの山川の歴史教科書のような切り口ではない、世界史の本を総称して
             なんと呼ぶのか疑問だったのだ。最近、こういう世界史を専門としている学者
             ではなく世界史以外の学者(生物学、経済学・・・)が書いた通史を、
             「グローバル・ヒストリー」と呼ぶことがあるらしい?と知り、とりあえず読んでみた。
             この本の原書は、概論らしいが、なんせ岩波書店の翻訳本なので、早川書房の翻訳本ラブ
             のわたしからすると、なかなか骨のある文体なのでした。
             
             この本で、朝河貫一P.90の「入来文書」(1903年に英文で出版された中世日本の法文書)
             が、何故 海外の研究者に注目されていたのか やっとわかった。
             「グローバル・ヒストリー」「世界史」の解釈上欠かせないものらしい。

             内藤虎次郎(湖南)の名前も載ってました。中国は宋の時代にすでに「近代」
              と主張した話。んっ、中国が宋の時代には近代だった! どこかで聞いたことの
              あるような。「中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史」 
              最近 売り出し中の若手学者の與那覇 潤 氏の本もそういう内容ではなかったか?

              「銃・病原菌・鉄」も面白かったのですが、世界史の専門家からみると矛盾、突っ込みどころが
              あるらしい。中国の記述が16世紀まで、説明が循環論法に陥っている、・・・
              等々 あるそうです。

 
              ここからは、ただの物欲の話になりますが、
A Less Boring History of the WorldA Less Boring History of the World
(2012/11/05)
Dave Rear

商品詳細を見る

             この本、先週は1500円ぐらいだったのですが、さっきアマゾンをみたら、
             669円になってました。
             あ~ 買っちゃおうかな~ 未読本の山が高くなるだけかしらん?



           
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/118-abdf8882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。