ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンネリ

           うさぎ さんの、記事が更新されていました、
           うさぎさん ファンのわたしは、とてもうれしいのであります。
           ほんとに 楽しそう~

           ・スパニッシモ体験記
           


マンネリズムのすすめ (平凡社新書 (010))マンネリズムのすすめ (平凡社新書 (010))
(1999/06)
丘沢 静也

商品詳細を見る


               著者は、有名なドイツ文学者の方。
               この本はおもしろかった。1時間ぐらいで読了できる量。
               内容がとてもおもしろいので、図書館でぜひ。

               著者いわく、どんなことにも「意味」や「新しさ」がなければ
               ならないと思うのは、コンプレックスである。律儀な近代人の悪い癖である。

               著者はジョギング(ランニング)を実践なさっている方ですが、
               競技スポーツを鋭く批判してます。が、競技スポーツを行っていた者として、
               この批判はものすごく腑に落ちました。
              「がんばって」というのも無教養だそうです。あっちでもこっちでも
              「がんばってください」って言ってました。反省します。



下り坂では後ろ向きに――静かなスポーツのすすめ下り坂では後ろ向きに――静かなスポーツのすすめ
(2012/02/25)
丘沢 静也

商品詳細を見る


               P16
               「やみくもに、「プロ」や「専門家」に飛びつくのは、教養がなく、
                民度が低い証拠だ。」 

               ↑ここからおもしろくなるんですよ~
                英語の勉強法にも、通じるような気がしますな~

               ・スポーツの語源に「競争」という意味はなく「気晴らし」だそうです。

                あっそうだ。
                50歳をすぎると、1年で筋力が2%とずつ落ちていくそうです。
                40代ではどうなのだろうか? いずれにしても、要 筋トレ
                ということでしょうかね~ ハードではないやつ。

                

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/122-2795c02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。