ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシック入門

             クラシックは曲と名前が一致しないので、なにがなんだかよくわらん。
             しかし、何でこんなにコンサートがあるのか! 曲も分からんが、演奏家も
             多くてよくわからん。わからん わからん ばっかり言っていてもしょうがないので
             まずは、作曲家と曲の英語表記になれませう!

             ありました! いつもの「for kids」検索です。
             こまったときの for kids!

             ・Classics for kids

              「more about music」をクリックすると、作曲家の名前一覧がでてくるので
              興味のある作曲家をクリックします。そうすると、、トランペットの絵の上に
              「Hear the Music!」と書いてあるものがでてくるので、それをクリック。
              するとポップアップな窓がひらいて曲が聴けるようです。

              ほかにも音楽がでてくるところがあるようです。
              暇つぶしに、ぜひどうぞ! 

              オペラの説明もありました。アイーダ! チケットがお幾ら万円なの~
              ・http://www.classicsforkids.com/activitysheets/June2013.pdf

              あつ そうだ。
              ・東京文化会館        
               「ウィッシュフル・シンギング 奇跡の女声アカペラ・アンサンブル」
                の告知が載ってます、その曲目に
                「スカルラッティ:私の心よ、弱ってはならぬ」というのがありますが、
                弱り果てている身としては気になりますな~ どういう曲なのでしょう?
                まっ いいか。
               
                明日も暑そうです、みなさんがんばりませう!





              
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/170-326770f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。