ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ問題
まともな人 (中公新書)まともな人 (中公新書)
(2003/10)
養老 孟司

商品詳細を見る


            養老先生の本によると、
            P7に
           『学習とは文武両道である。両道とは二股を掛けているということで、それぞれ
            べつべつにという意味ではない。脳でいうなら、知覚と運動である。知覚から
            情報が入り、運動として出て行く。出て行くが、運動の結果は状況を変える。
            その状況の変化が近くを通して脳に再入力される。こうして、知覚から運動へ、
            運動から知覚へという、ループが回転する。』

            P8
            『これが「学習」だということは、強調されなくてはならない。なぜなら現代では、
             たとえば乳幼児教育用のビデオすら存在するからである。まだ寝たままの乳幼児に
             ビデオを見せておくという。これが入出力のループになっていないことは、ただ
             ちに理解されるであろう。身体とは無関係に、勝手に視界のなかで事物が動く。
             それを私は学習とは呼ばない。これはある種の経験であるが、学習ではない。』

             フィードバックがないと「学習」ではないと言うことかしらん?
             TEDの中国語の実験の方、あ~ どなただっただろうか? 


あなたの英語がダメな理由 (祥伝社黄金文庫)あなたの英語がダメな理由 (祥伝社黄金文庫)
(2009/02/06)
古市 幸雄

商品詳細を見る


              一方、こちらの本では「英語はテレビで覚えるのが一番」、
              語感を養うには最適、とあります。


外国語学習に成功する人、しない人―第二言語習得論への招待 (岩波科学ライブラリー)外国語学習に成功する人、しない人―第二言語習得論への招待 (岩波科学ライブラリー)
(2004/10/20)
白井 恭弘

商品詳細を見る


              こちらには、テレビだけでは、言ってることはわかるが、
              自分から日本語を話せない日系の方のような感じになる、と。

              結局、大量インプットを忘れずに、英会話は生身の人間を相手に
              失敗をフィードバックして身につけると いうことかしらん???

              さて、ここで問題が「大量インプット」とは、具体的にはどのくらいの
              量なのか? インプットするレベルは?





人はなぜハマるのか (岩波科学ライブラリー)人はなぜハマるのか (岩波科学ライブラリー)
(2001/07/19)
広中 直行

商品詳細を見る


               話は変って、なぜAKB、ジャニーズ、ラーメン。。。。
               の話が知りたかったのだが。この本は、「薬物にはまる」メカニズム
               でした。とんだ「はまり」ちがい。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/171-fe7aab8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。