ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーリー・ゴーリー 2
Harriet Spies AgainHarriet Spies Again
(2003/08/26)
Louise Fitzhugh、Helen Ericson 他

商品詳細を見る



               語数:約40,000語
               音源収録時間:4時間33分


               音源入手先:http://www.learnoutloud.com/


             ハリエットの父親の仕事(テレビ局の重役)のために、両親がフランスに
             滞在することになった。ハリエットはフランスに行きたくない! なんせ
             スパイ活動に忙しい!フランス語もあやしい。この辺の両親とのやりとり
             が、おもしろい。結局、ハリエットはお留守番。しかし、子供だけ
             置いておくわけにはいかない。そこで、オーリー・ゴーリーが3ヶ月だけ
             帰ってくることになったのだ! ハリエットは喜ぶのだが、久しぶりに会った
             オーリー・ゴーリーの様子がおかしい。ハリエットのスパイ活動の対象が
             オーリー・ゴーリーに。オーリーゴーリーの抱えている秘密とは。。。
             結婚したはずの、ダンナの行方は?

             アメリカにも嫁姑問題ってあるんですね~ 
             オーリー・ゴーリーのダンナとハリエットが嫁姑問題を語る場面は、児童書とは
             思えない! ナレーターが良いからなのか? 話に引き込まれましたー

             
   
             なんかピンボケ~

画像22 22331wr3222311 005


             話はかわって、10月に東京文化会館にくる「ウィッシュフル・シンギング」
             って、この方たちか?

             ・Wishful Singing


               なんで、笑ってるの~ ドイツ語わからん! じゃなくて、オランダ語?
               たぶん、公式。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/173-18334149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。