ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.22
  先ほど読んでいた。なんとなく興味を引かれた記事。

 ・How to get children to read? Embrace the e-book
  
 ・Learning words in the womb

 ・Happy Birthday, Roald Dahl! Here's What He Can Teach You About Life

 ・California to allow driver's licenses for illegal immigrants




ShilohShiloh
(2004/04/27)
Phyllis Reynolds Naylor

商品詳細を見る



      BL4.5
      語数:29,617語

      ・語数カウント

      要約は、アマゾンに日本語で書いてあります。
      この本も、100円のワゴンにあったのだが、なかなかおもしろかった。
      でてくるのが、銃、神、嘘、法律・・・・・ p137にずいぶん うまく詰め込んだと思う。
      話もおもわぬことが起きて、なかなかだ とおもったら、この作家は児童書を何冊も
      書いてるかたでした。

      最初から驚きました。
      p2
      I take the .22 rifle Dad had given me in March on my eleventh birthday
      and set out up the road to see what I can shoot.
      Like to find me an apple hanging way out on a branch,・・・・ 
      



スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
11歳の誕生日にライフル!
うーん。わりに最近もアメリカで「退屈だったから」って少年がオーストラリア人を背後から銃で撃って、ニュースになっていましたよね・・・。
オーストラリアは銃の所持が禁止された後犯罪率が低下したらしいので、
アメリカの銃規制のいいモデルになるはずらしいのですが。。
[2013/09/15 23:20] URL | tabby #- [ 編集 ]


tabbyさん こんばんは。

  >「退屈だったから」って
   身近に銃があるのは、ほんとに危険ですよね。
   なんていう動機なんでしょうか。

  >11歳の誕生日にライフル!
   そうなんです! ビックリしました。
   この文の後に、 ぶらさっがっているリンゴやら、塀に缶を並べて
  練習するようです、でも 動いているものは撃ってはいけない。
  みたいなことが書いてありました。

   一応、ルールみたいなものはあるみたいです。
  そういう問題でもないと思いますが。
[2013/09/16 22:04] URL | denko #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/186-13221359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。