ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老人と海

いま話題の?「BITS
から、「Audiobooks」にある ショーンコネリーでおなじみの 007の「Gold finger
の途中ですが、短いほうの「The Old Man And The Sea
(老人と海)を読了。キンドルだと 0円?

語数はワードに貼り付けて、ツールの「文字カウント」を使用。「半角英数の単語数」が語数にあたるのでは。
9章の合計の語数が、26,620語でした。この数字に信憑性があるのか疑問だったので、こちらでも確認して
みました「語数カウント」。こちらで「The old man and the sea」で検索、結果が語数が26,560語
ブックレベルが5.1でした。

ワードで計算した語数:26,620語
      語数カウント:26,560語 いいじゃないですか! 誤差は許容範囲ということで。

この「老人と海」は、GRかリトールド版?かと思うほど、むずかしい単語がでてきませんでした。

あっ 忘れてました。
「読み上げのスピード」に、「Faster Listening Speed」と「Slower Listening Speed」がありました。
 老人と海の場合、Fasterで平均 170語/分、Slowerで 152語/分 ぐらいの速さでした。
 170語/分 は結構はやい感じがしましたが なんとか一緒に音読でしました、2時間37分。

はじめにもどって、「BITS」の「Audio books」には、
児童書、YA本もあるようです。内容がヘビーな物もありますね~ 

Bridge to TerabithiaBridge to Terabithia
(2003/05/06)
Katherine Paterson

商品詳細を見る


テラビシアにかける橋 (偕成社文庫)テラビシアにかける橋 (偕成社文庫)
(2007/03)
キャサリン パターソン

商品詳細を見る



テラビシアにかける橋 [DVD]テラビシアにかける橋 [DVD]
(2008/06/27)
ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ 他

商品詳細を見る



How I Live NowHow I Live Now
(2006/04/11)
Meg Rosoff

商品詳細を見る


     ↑渡辺由香里さんのレビューを読むと、内容がヘビーな感じが。。。。


The Perks of Being a WallflowerThe Perks of Being a Wallflower
(2010/06/29)
Stephen Chbosky

商品詳細を見る


The Curious Incident of the Dog in the Night-timeThe Curious Incident of the Dog in the Night-time
(2004/04/01)
Mark Haddon

商品詳細を見る

   ↑表紙がきもちわるいので読んだことないですが、YAか児童書だったような?

ほかにも、ホール、ブラック・ビューティー、スティーブンキング、アガサクリスティ いろいろあるようです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/189-c9f96ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。