ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことばの発達

 さむい!

ことばの発達の謎を解く (ちくまプリマー新書)ことばの発達の謎を解く (ちくまプリマー新書)
(2013/01/09)
今井 むつみ

商品詳細を見る


    面白い本でした。プリマー新書なので高校生向けかしらん?
    実験で乳幼児がどのようにして言葉を獲得していくかをさぐっていく。
    外国語を学ぶとはどういうことか についても書かれており、なかなかすぐれもの。
    英語に関するところをひろっていくと、やはり、英語はアクセントが大事。
    英語・日本語の単語集は問題が多いのではないかと思った。
    この先生のお話は、外国語・言語習得の王道のような気がしたのでした。

    おすすめ本!


ピアノマニア [DVD]ピアノマニア [DVD]
(2013/04/03)
シュテファン・クニュップファー、ピエール=ロラン・エマール 他

商品詳細を見る


    上の本の最後の方に、載っていたドキュメンタリー。
    主人公は、オーストリアのコンサートホールの専属 ピアノ調律師。
    



「中卒」でもわかる科学入門  「中卒」でもわかる科学入門 "+-×÷"で科学のウソは見抜ける! (角川oneテーマ21)
(2013/02/09)
小飼 弾

商品詳細を見る


    中卒というのは、著者が大検受験して、カリフォルニア大学に入学。その後、大学中退
    したので中卒ということらしい。すごい方です。
    専門化・細分化がすすんだ現代科学も、定量的に考えていけばなんとかなる? また、
    巷に跋扈するトンデモ話もひっかかりにくいよ ということか。
  

「テラビシアにかける橋」で、先生が歌っていた曲。いいね~ こんな退屈なところからでていくー someday!




   
スポンサーサイト

コメント
someday
「いつかこんな退屈なところからでていってやる。someday」って私も昔思ってましたーー。だけど結局戻ってきましたーー(爆) 若者よ、どんどん出て行って疲れたら戻っておいでー、とはなかなかいい辛いご時世でもあります。(なんだかさみしい・・) 懐かしいサウンドですね。
[2013/11/02 15:39] URL | ピッピ #Cryqt2lo [ 編集 ]


ピッピさん こんばんは。

  >「いつかこんな退屈なところからでていってやる。someday」
    このフレーズはカントリーの定石みたいによくありますよね。
    いつか いつか と言っているうちに、年 とりますな~
[2013/11/03 21:53] URL | denko #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/207-632a0dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。