ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

300万語

     2013年の語数を計算してみた。

    ・2013年12月25日  18,808,183 語
    ・2012年12月28日  15,735,747 語
       引くと        3,072,436 語

                  約 300万語 

    ・冊数 83冊 ちなみに日本語本は63冊(最後まで読んだもの)。 目次だけ、中身ななめ読みは計測不可。


     英語については、多読?以外 他のことはできませんでした。
     やたら時間がかかります。海外のサイトにアカウント作って英語で書き込め! とか、英語の先生は
     おっしゃいますが、そんな時間がどこにあるのかー。 多読、学校にかかわらず英語の先生は無茶を言う。
     
  
     どうしたもんでしょう? 

     今年は、
    ・英会話? 
    ・日本のこと突っ込まれてきかれたとき対策
    ・2000万語めざす(あと120万語)
    ・時事英単語増強!(時事単語集でも買おうと思ったものの、未読のアサヒウィクリーが山ほどありました)

     昨年よんで一番めんどくさかったのが、winter's bone でした。
     親戚中、村中で違法薬物を製造しているところなので英語が乱暴。登場人物も乱暴。
     最後にちょっとだけ希望がありましたが。

     
Winter's BoneWinter's Bone
(2007/07/11)
Daniel Woodrell

商品詳細を見る


     表紙がちがう。













スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/234-9510d2ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。