ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えてるつもり

 
  
考えてるつもり ――「状況」に流されまくる人たちの心理学考えてるつもり ――「状況」に流されまくる人たちの心理学
(2013/04/26)
サム・サマーズ

商品詳細を見る



Situations Matter: Understanding How Context Transforms Your WorldSituations Matter: Understanding How Context Transforms Your World
(2012/12/31)
Sam Sommers

商品詳細を見る



     P92
     「私たちは自分が思うほど、自由に そして主体的にものを、考えているわけではない。
      自分で自分の運命を決めているつもりでも、私たちの思考や行動は周囲の人間から
      大きな影響を受けている。」

     p137
     「真の自己」を知るのは無理だ。


     そりゃそうだろうと思います が。 「われ思うゆえに 我あり」の世界からみると
     かなり大変なことなのかもしれませんね~ 最近 多いように思います、
     これ系統な話が。この本のエピソードがどこかで読んだことのあるものが多かった気が
     しました。最後の章の「偏見」のところが興味深かったです。キング牧師が黒人だと
     知って驚く人がいる、とありました。あちらの学校では、あえて触れてない のかしらん? 


     周囲の状況「規範」を、やぶるとどうなるかがわかるのが、シットコム(シチュエーション
     コメディーらしいです。「ラリーのミッドライフ クライシス」では、ハロウィンのときに
     主人公の家に、十代後半の女の子が来たそうです。ところが、ラリーはお菓子をあげなかった。
     彼の「規範」では、お菓子をあげるには 年を取りすぎている。また、仮装もしていなかった。
     その結果どうなったのか、まあ お楽しみに~ ということで。


     あとは、なんでも かんでも ホルモンのせいにするな! のようなことも書かれて
     いました。これは、名前 忘れましたが、あの先生の批判かしらん。脳の本だと思ったら
     ホルモンの話の先生だった人。




   
となりのサインフェルド DVD-BOX 1となりのサインフェルド DVD-BOX 1
(2005/05/25)
ジェリー・サインフェルド、ジュリア・ルイス・ドレイファス 他

商品詳細を見る


      これも載ってました。おもしろそうですが、10年以上前の作品なのに高い! 
      スクリプトもでてましたー スクリプトが出てるのって すごいですね~


The Seinfeld ScriptsThe Seinfeld Scripts
(1999/02/19)
Jerry Seinfeld、Larry David 他

商品詳細を見る







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/265-54bdea02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。