ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英詩





英語で話すヒント――通訳者が教える上達法 (岩波新書)英語で話すヒント――通訳者が教える上達法 (岩波新書)
(2012/01/21)
小松 達也

商品詳細を見る


      たしか? この本に「「英語の詩」を覚えて、英語のリズム感をつかめ」
      のようなことが書いてあったはず、 この本ではなかったかな? 
      ちがったかしらん。




英語の詩 (岩波ジュニア新書)英語の詩 (岩波ジュニア新書)
(1992/11/20)
河野 一郎

商品詳細を見る


英詩のこころ (岩波ジュニア新書)英詩のこころ (岩波ジュニア新書)
(2014/01/22)
福田 昇八

商品詳細を見る

   
       とりあえず、岩波ジュニア新書でさぐりを入れてみました。
       米詩ではなくて、英詩のところが、なにか旧制高校時代の教養主義を彷彿とさせる
       ような、詩の選択でした。なんと、日本語訳だけで英語が載っていないものもあり
       え~ そんな。
       マーヴェル氏が書いた「内気な恋人たちへ」という作品が載ってましたが、
       マーヴェルさんは、一生独身だったそうです。なかなか 人生うまくいきませんなー





日本人はクラシック音楽をどう把握するか-音楽は何語?-日本人はクラシック音楽をどう把握するか-音楽は何語?-
(2004/09/25)
伝田 文夫

商品詳細を見る



           現在、読んでおりますが、かなり衝撃的内容でございます。
           母国語がこんなに影響しているとは。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/282-c826a06d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。