ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリック・ホッファー自伝

 「12人の怒れる男」の前書きに、エリック・ホッファー、 について触れられていました。
 大恐慌時代、無料職業紹介所に一台のトラックがのりつけ、
 測量士1名と、その職業紹介所にたむろしていた者たち数名をのせ、道路の工事現場に連れていかれたそうです。
 ところがというか? 当然というか?、見事な道路が完成したそうです。それは何故か? 
 さらには、いったいアメリカは誰が作ったのか?
 と、話は広がり、それからぐるっとまわって、12人の陪審員の話になっていくのでした。
 
 
Truth ImaginedTruth Imagined
(2005/12/30)
Eric Hoffer

商品詳細を見る

 

エリック・ホッファー自伝―構想された真実エリック・ホッファー自伝―構想された真実
(2002/06)
エリック ホッファー

商品詳細を見る



     原書は、120ページ足らずなので、なんとか読了できますが、どこまで理解できているのかと
     いうとかなり疑問が残ります。自分の読解力のなさが原因です。
     ホッファーの仕事、哲学、人生について書かれています。途中に定住できるチャンスも
     あった思うのですが、移つり住んでしまうのです。ん~ なかなかうまくいきません。

     翻訳本のp30に「障碍をものともしない驚嘆すべき道具としての衰えることのない構想力が
     ・・・・云々」と、日本語で読んでも理解するのに難儀な文章が出てきます。英文をみますと
     カンマが頻出する ややこしい構文でした。日本語にするのは大変だと思います。また、原書では
     聖書の引用も活字、あるいは段落を変えることもなく、ふつうに文章のなかにでてくるので
     突然、意味不明になる箇所も数十か所ありました。難しいです。そういえば、翻訳本には
     インタビューが載っていましたが、原書(PB)にはありません。章ごとのタイトルも
     翻訳本には書かれてました。ありがたいことです。インタビューのなかで、インタビュアーの
     「アメリカは年をとるにはひどい国です。」という発言に同意しているようでした。
     んっ? これはどこかで聞いたようなセリフです。



 
ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2012/09/14)
トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム 他

商品詳細を見る



No Country for Old MenNo Country for Old Men
(2006/07/07)
Cormac McCarthy

商品詳細を見る



血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)
(2007/08/28)
コーマック・マッカーシー

商品詳細を見る


       原書のタイトルをみるとホッファーのインタビューの発言に似てないでしょうか。

       だいぶ前にみたので うろ覚えですが(コーエン兄弟の作品)。
       麻薬と金のために無益な殺し合いが続いていく映画です。最後の方のセリフで
       「 This country is hard on people.」 このあとに、「誰も何も止められない。
         変えられると思うのは、思い上がりだ。」のようなセリフがあったはず。
       アメリカ社会はハードなようです。ちなみに、この映画は不気味な感じがしました。
       ただのドンパチ映画ではなかったです。犯人の道具の特長、メキシコから帰国するときの
       セリフなんて、アメリカの問題を象徴してるような。


       














        
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/289-1c3e7c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。