ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sleeping Beauty
 
    
Sleeping Beauty (Vintage Crime/Black Lizard)Sleeping Beauty (Vintage Crime/Black Lizard)
(2000/12/05)
Ross Macdonald

商品詳細を見る



眠れる美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)眠れる美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1990/01)
ロス マクドナルド

商品詳細を見る


       初版は、何年なのでしょう?
       いまでは、私立探偵ものの古典? ロス・マクドナルドの「眠れる美女」。
       BITS に、ありました。約80,000語。
   
       あらすじは、アマゾンにあるので省略。
       この作品は、すばらしい! 
       探偵が、いろいろ聞き込みをして事件の真相にせまるわけですが、
       このときの「会話」が、「私立探偵 必修英会話集!?」のような。
       聞き込みに必要な定型?疑問文がそろってでてきました。これから
       英語圏で私立探偵の独立開業をめざしているか方は、英文暗記しておこう???

       ジョージ・V・ヒギンズ なんて、関係ない会話が延々つづき、
       なにがなんだか わからなくなりましたが、こちらは 探偵小説の王道!
       わかりやすかったです。




Who Were the Beatles? (Who Was...?)Who Were the Beatles? (Who Was...?)
(2006/01/05)
Geoff Edgers

商品詳細を見る


            一万語は無いはず。

            オノヨーコさんのことも書かれていて勉強になりました。
            アーティストの方だったんですね(正直 よくわかりませんが)。
            有名すぎて いままで、よく知らなかったとは言えませんでした。


            そういえば、Paul McCartney が、日本公演を中止した記事が、なぜかカナダ版にありました。
            ちゃんと、Sir がついてますね。

              Sir Paul McCartney is expected to be well again just days from now.




Who Was Louis Armstrong? (Who Was...?)Who Was Louis Armstrong? (Who Was...?)
(2004/12/29)
Yona Zeldis McDonough

商品詳細を見る


               子供のころ銃をもちあるいていたら、補導され、少年院のようなところに
               入所していた と、ありました。物騒な地域だったようです。

              ・「What a wonderful world - LOUIS ARMSTRONG. 」
                再生回数がすごいことになっております。

                What a wonderful world の境地に達するまでには 修行が必要かと。





 
Who Was Elvis Presley? (Who Was...?)Who Was Elvis Presley? (Who Was...?)
(2007/08/16)
Geoff Edgers

商品詳細を見る


               プレスリーに、人気に陰りが見えてきた時期があったとは知りませんでした。
               ジャンプスーツの解説も載ってました。ジャンプスーツとは、ジュディオング
               みたいな感じのムササビが羽ひろげてようなもの?(ひどい表現)





Who Is Bob Dylan? (Who Was...?)Who Is Bob Dylan? (Who Was...?)
(2013/06/27)
Jim O'Connor

商品詳細を見る


                 おもしろかったです。
                 やはり伝説の人物は謎が多い?




Make: Homegrown Drones! (Make : Technology on Your Time)Make: Homegrown Drones! (Make : Technology on Your Time)
(2014/01/31)
Make Books

商品詳細を見る


Make:: High-Tech DIY (Make : Technology on Your Time)Make:: High-Tech DIY (Make : Technology on Your Time)
(2014/04/04)
Mark Frauenfelder

商品詳細を見る


Make: Robotic Me (Make : Technology on Your Time)Make: Robotic Me (Make : Technology on Your Time)
(2014/06/07)
Mark Frauenfelder

商品詳細を見る

              ひきつづき、make も読んでおります。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/316-7c6d1b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。