ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかおかしな物語


     台風の予報円をみると、暴風域、強風域、全部で雨が降っている気がしてきます。
     もちろん、実際はそうではないですが。


  
    
It's Kind of a Funny StoryIt's Kind of a Funny Story
(2007/05/01)
Ned Vizzini

商品詳細を見る



               約 80,000語 、RL 4.0

        ニューヨークのブルックリン在住、進学校に通う(宿題にニューヨークタイムズが出る)
        16歳の少年が鬱で the psych hospital に入院(5日間)。そこで他の患者さん、
        スタッフ、彼女 との交流から新しい扉が開く。青年の成長物語!
        おはなしが、たんたんと進んでいくので、飽きる方はあきるかも。終わりの方で、
        ぐっと(キュン)とします。なんといっても青春まっただかなかの話なので。

        なんといっても RL4.0なので、難しいところもなく。ちょっとコミカルにかかれているので
        ストレスなく読めました。翻訳はみあたりませんでした。アマゾンのインスタント・ビデオに字幕版
        がありました。予告も少しだけ見られるようです。ただ、原作とちょっとエピソードが違っている
        ような感じがします。DVDは見てないので、なんとも言えませんが。
             
        残念なのが著者が最近亡くなられたようです。
        ・Ned Vizzini


        ・it's kind of a funny story
          ↑ 映画 オフィシャルサイト


               ↓ ほんとのお医者さん!?
   



               ↓ マリーゴールド・ホテルに続編がありました!
                  日本公開はいつ。
 













            
               
    
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/341-6d6e507b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。