ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Center of Everything

  
The Center of EverythingThe Center of Everything
(2004/07/14)
Laura Moriarty

商品詳細を見る


                
            長かったです。やっと終わったという感じであります。
            
            ・The Center of Everything
 
             BTIS にあったので、気軽に読み始めたのですが、なかなか しんどい お話でした。
             約 118,000語 で、音源の総時間が13時間弱ありました。RLは5.0なので
             日本の高校2年生ぐらいの英語?

             よく知りませんが、この著者 おもしろいかもしれません。米 アマゾンでみると
             レビューが多い作品も書いているようでした。

The ChaperoneThe Chaperone
(2012/04/26)
Laura Moriarty

商品詳細を見る


            タイトルの「シャペロン」とは、
            「 若い未婚の女性が外出する時、もしくは社交場に出る時に付き添いをした。
             多くは年配の婦人で社交の行儀作法が守られているかを監督した。」

            center of everytihg から、察するに なかなか 胃がきりきりするような話が
            しずかに進んで行きそうな感じがします。米 アマゾンのレビューが1,000ちかく
            あるので、おもしろいかも。 あんたも好きね~ 



            さて、センター オブ エブリシングに 話をもどすと。
            1980年ごろのカンサス。
            Evelyn(主人公の女の子)が14歳から18歳(大学入学しそうな気配だったので、17歳後半)
            までの おはなし。おかあさんTina は、シングルマザーで、妻子もちの上司といいなかに
            なり、ご懐妊。その男は引っ越していく始末! お腹の子は早産で生まれ、発達に遅れが
            あるよう。このシングルマザーのお母さんは、実家の父親(朝鮮戦争に従軍、勲章を授与
            された)といろいろ あって、前縁状態。Evelyn の家族も問題を抱えているが、学校でも
            問題が勃発。とま~ unhappy な ことが、all the time つづく話でまいりました。
            
            1980年代のレーガン大統領、ニカラグア、イラン問題もでてきました。
            おばあさん との関係にもかかわってくるのですが、ダーウィンの進化論の問題がでて
            きました。通っている学校で進化論を教えたらデモ隊が学校へ。おばあさん(50代ぐらい)
            も信心深いのですが、通っている教会が。。。。
            このへんは、 Evelyn の進路にも関係しているような気がしました。
     
            というわけで、
            前半もなかなか しんどい話でしたが、後半も unhappy で衝撃的な ことが起こります。
            まあ~ ラストが、よかったから 良いか!??? (Evelyn の抱えている諸問題が
            解決するわけではないですが。)
            
             しかし まあ~ なんという話でしょう!

            この著者が怖いわ~

             実際 ありそうな話ですが、やっぱり

            この著者が怖いわ~


           
           あ そうだ、Evelyn のセリフでよかったのが、

           「I have to go.」

      ばかな男と、つまんない地元とは、おさらばだー
            と思ったのか どうかは しりませんが。
            そんな単純な、 話ではなかったー



         






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/345-9811cc32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。