ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり発音記号か?


  
Mr. Monk Is Open for BusinessMr. Monk Is Open for Business
(2014/12/02)
Hy Conrad

商品詳細を見る


        最近、洋書コーナーでみかけると思ったら、登場人物に日本人がでてくるからなのね~
        違う理由かもしれないけど。

        
        東洋美術を扱う店の倉庫で、人質事件発生。
        スワットが突入したところ、犯人はすでに逃走!
        killing three coworkers and leaving a female hostage severely wounded
        という状況だったのでした。さて、犯人はほんとうに・・・・・・・・・・・
        モンクのDVDをみたことがあれば、モンクの行動のおかしな場面がおもしろく
        読めるかも。

        何万語なのでしょうか。7~8万語ぐらいか?

        さて、発音記号問題。
        単語を逐一、 脳内で「カタカナ」で読むと、「発音記号」で読むより「音節」が増えてしまうので
        やっぱり 発音記号で読むより、時間はかかります。この本は8万語弱だと思いますが、
        増えた音節で読んでいくと、つもりつもって 読了時間がかかってしまう。

        ということで、英単語は発音記号で読みましょう!
        発音記号の習得は筋肉トレーニングなので、面倒くさいですが、やはりのちのち有利なのでは
        ないでしょうか。

       
       ・畠山美由紀 罌粟(けし)
         ↑ おしゃれだわ この歌。
            「生きてて一度くらい 魔法って信じたい 時があるね」
             畠山美由紀さんが歌うと、ぐっとくるわー
           
            「さびついた」 っていうところも面白ですね~





 
       
       
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/390-2c328375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。