ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築もの
The Art of Construction: Projects and Principles for Beginning Engineers and Architects (Ziggurat Book)The Art of Construction: Projects and Principles for Beginning Engineers and Architects (Ziggurat Book)
(1990/03)
Mario Salvadori、Saralinda Hooker 他

商品詳細を見る


      語数:約23,000語
      工業高校の建築科の英語の教科書に使えそう?(イラスト多し)


    「引っ張り」「圧縮」「曲げ」の話から「トラス」へと進む(他にもいろいろとりあげているが)。
    振り子の説明から、建物の揺れの周期への説明が上手だと思った。また、トラスの模型を作って
    の説明で取り上げられているのが「Takenaka truss」なのだが、日本の竹中工務店の立体トラス?
    他に竹中さん ていたかしらん。





Engineering the City: How Infrastructure WorksEngineering the City: How Infrastructure Works
(2000/09)
Matthys Levy、Richard Panchyk 他

商品詳細を見る


       語数:約23,000語
       これも工業高校の英語にどうか? 
   
       こちらは、インフラの本。
    上水道、灌漑、鉄道、通信、橋、ワイヤー、下水、公害 等について。
    総語数が23,000語なので どの分野もあっさりと説明されている。車の平均速度が1900年
    と現代では、あまりかわらない という話がおもしろかった。むかしは車の性能が悪く、
    また道路の整備も遅れていて平均スピードが11キロだったらしい、現代では車の性能も
    上がり、道路事情も改善されたが、いかんせん車の数が増え、常に渋滞、平均18キロだそうだ
    (アメリカの話)。






Psychology Today [US] December 2012 (単号)Psychology Today [US] December 2012 (単号)
(2012/11/09)
不明

商品詳細を見る


          なんだが、表紙に釣られて買ってみた 心理学の雑誌?
          特集は「顔」、なにか通俗心理学の匂いがする。広告も「んっ?」なものが
          多い。ハロー効果、テストステロン・・・・がでてきたー
          なんだか おもしろそう~




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/45-88fc6209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。