ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Buddha in the Attic
The Buddha in the AtticThe Buddha in the Attic
(2012/03/20)
Julie Otsuka

商品詳細を見る



     語数:約32,500語
        129ページ

   1900年代初頭、写真と手紙だけで知った相手のもとに、日本からアメリカにお嫁に行った方たちの話。
   一番の年少が12歳、話の中心になる方は14歳、年長者は37歳。苦労の連続で、手紙には
   事業で成功している様子であったが、実際は、全く違った。子供が生まれてからも、苦労は続く。
   英語ネイティブな2世とは親子といえ生活習慣にもづれも生じる。子育ても終り一安心のはずが、
   太平洋戦争勃発。
   この小説は、表現方法に特徴があって、その特徴が話しの深みを増している。
   ハッピーエンドではありません。


The Art of Gaman: Arts and Crafts from the Japanese American Internment Camps 1942-1946The Art of Gaman: Arts and Crafts from the Japanese American Internment Camps 1942-1946
(2005/10/01)
Delphine Hirasuna

商品詳細を見る



      12月7日の最終日に東京芸術大学美術館で行われた「尊厳の芸術展」に行ってきました。
      第二次世界大戦中に日系アメリカ人12万人が強制収容され、収容所内でガラクタや廃材
      地面におちている貝殻などを拾いあつめ、「創意と工夫」で工芸、美術品レベルの作品
      を作り上げた。どの作品も凄みのようなものがあって、圧倒される。雪の収容所
      を描いた作品があり、衝撃的。
       


「アメリカ50州」の秘密 (PHP文庫)「アメリカ50州」の秘密 (PHP文庫)
(2009/08/03)
株式会社レッカ社

商品詳細を見る



       この本によると、戦争中 ミネソタ州では日系アメリカ人を受けいれたため、
       多くの日系移民が殺到した。また、コロラド州のカー知事は、強制収容は憲法違反だ
       と主張しつづけた。戦後は、ユタ州で多くの元収容された日系アメリカ人を受け入れた。


P1000019.jpg






スポンサーサイト

コメント

denkoさん、こんにちは。私もこちらで初コメさせていただきますね。
私は大学の卒論で日系アメリカ人作家の作品を取り上げました。ジョン・オカダという作家さん。
第2次世界大戦で徴兵拒否した青年(No-No Boyと呼ばれた)が主人公。当時のアメリカでは全く受け入れてもらえず、この一冊だけを残して亡くなられたんですが、非常にインパクトのある作品。
作者の魂の叫びみたいなものを感じます。
亡くなられてから評価されましたが、当時の日系社会ではタブーのテーマだったんですよね。
今でこそアメリカ大統領も当時のこと謝罪していますが。
[2012/12/17 19:14] URL | Yoshiko #- [ 編集 ]


Yoshiko さん こんばんは。
  
    ジョン・オカダさんは、知りませんでした。
    徴兵拒否した方と、米軍にすすんだ方、どちらの方々も、苦悩は深かったと思います。
 
     児童書で移民の本を何冊かよみましたが、たいがいアメリカ大陸が船から見えると一安心のような話が
    多かったようなきがしましたが、 「The Buddha in the Attic」は、そういうの感じがしませんでした。
    ん~ 何が違うのかよくわかりませんが。
    
    「アート オブ ガマン」もスミソニアン博物館で開催できたのは 2010年とのことなので
    米国社会でもこの日系収容所問題はタブーだったのかもしれません。 

    この展覧会を見て 絵、音楽等 芸術は、非常に大事だな とも思いました。

    
   
[2012/12/17 22:38] URL | denko #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/47-6896422b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。