ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェームス・パターソン
Private LondonPrivate London
(2012/01/01)
James Patterson

商品詳細を見る


       語数:約 52,000語
      ページ:本文 467ページ 
      活字大きめ。


     Hanna は、母親とともに誘拐され、母親は殺害される。犯人の話では父親が身代金を
     払わなかったからだそうだ(のちのち もめる複線か?)。数年後、イギリスの大学に
     通う Hannaであったが、そこでも猟奇的な事件が・・・・ 元イギリス兵の私立探偵
     が事件を追うのだった。当然、警察も動くのだが、警察の担当者は、このイギリス兵の
     元 妻だった( この辺の 話のつくりが ものすごくB級感をましているとおもう)。
     一方の悪役は、ヤクザ、ルーマニアの人身売買組織、イスラム武装勢力 等 いろいろ
     でてくる。
 
     活字も大きめで、一章が長くても4ページ、ページが進む。
     ちょっと単語のむずかしいシドニーシェルダンか?


     しかし、寒くてやりきれん!


     数日前の新聞記事でツタヤの書籍販売の売上が日本一になった と言う記事があったと思う。
     それで思い出した。日本の書籍・雑誌の市場規模は 1兆8千億円強だそうだが、世界の英語の
     本の市場規模は、たしかその3倍程度らしい。世界の英語話者は、日本の人口約1億2千万人の10倍
     ぐらいいるらしいが、それから考えると 英語の本の市場規模は案外小さいらしい。
     
     出版不況とときどき聞くが、本屋には読みきれないほど本があふれており、売上も
     1兆8千億円 あるんだから、ホントかっ? なんて気もする。
     
     CDも売れない、売れない という話も聞くがホントなの? 
     たしか、角松敏生だと思うが CDの寿命はあと5年説があるとか、ないとか 言っていた
     ように思う。本も音楽もみんなダウンロードになるのかしらん? ん~ なんだかね~
     
    
     ほんとに 寒いのはやりきれん!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://funkytadoku.blog.fc2.com/tb.php/66-bc2b38f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。