ファンキー多読
やさしい英語の本の記録(ろくでもないものと、洋書のやさしい理工系本を多めに)
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Glee」にみる、現代 父親像の幻

街場の共同体論街場の共同体論
(2014/06/05)
内田樹

商品詳細を見る


       内田先生の本はおもしろい。
       
       現代 文学の壱代テーマは「母 娘 問題」らしい、そうかもしれない!
       しかし なかなか研究が進まないとのこと、なぜなら 研究職、大学職の知的分野の仕事を
       選んでいる女性は、その人 自身が、母親の影響を受けているから だそうです(もっと洗練された
       説明と文章でした、本よんで)。母娘問題については、男性の研究者、作家は蚊帳の外。

       一方、父親の存在はすでに希薄(あ~ なんてこった)。映画にでてくる父親はどれもだいたい
       家族に無視されているか、孤独、孤立。クリント―イーストウッドの最近役は、そんなのばっかり。

       しかーし、gleeファンならおなじみの、カート(ゲイ)のお父さんは、息子のセクシャルの問題を
       受け止めて、学校(世間)と戦っているのだった。立派な父親がでてくる話は現代ではめずらしい!?
       部類か?


        カートの傑作! 歌詞がすばらしい~~~~!!!!
        ・Glee Wiki
        for good
          ↑歌詞

        歌詞にBUTが、でてくると、そのあとの詩がうまいこと言っているときが多い気がします。
      






     
スティーブジョブス


  
英語で読むスティーブ・ジョブズ (IBC対訳ライブラリー)英語で読むスティーブ・ジョブズ (IBC対訳ライブラリー)
(2012/06/25)
トム・クリスティアン

商品詳細を見る


         多読を始めてから、とうとう一冊も洋書を読まなくなってしまいましたー
         大変だ―
 
         現在、glee シーズン4を視聴中なので、なんとかそれでよしなに。

         さて、この本はCDの朗読が、あまり抑揚もないので、落ち着いた感じであります。
         最後のほうは、スティーブジョブズの話しというより、アップルの製品の紹介の 
         ようになっている気がしました。といっても、アップルの製品と切り離しては
         話は無理。

         テクニウムの著者もスティーブジョブズも、若いころヒッピーだったはず?
         結婚式は禅のお坊さんを呼んだそうですし。禅とオートバイと修理技術が
         流行ったころ? 鈴木大拙も読んでいたのか?
         コンピュータとヒッピーの思想は共通点があるのかしらん。


         話かわって、glee シーズン1 の NO,1 ベストキャラクター(勝手に決めた!)は
         エイプリル・ローズ (April Rhodes)
          グリー部の卒業生でブロードウェイ女優だったが、酒におぼれた生活をおくる。
          未来ある高校生のなかで、すごいキャラクター!
          ご本人は、オペラ歌手?

         ・Glee - Home

         ・GLEE - Maybe This Time

          ほんと すごいですね!






テクニウム



 
テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?
(2014/06/20)
ケヴィン・ケリー

商品詳細を見る


WIRED(ワイアード)無料お試し版 [雑誌]WIRED(ワイアード)無料お試し版 [雑誌]
(2014/09/12)
WIRED編集部

商品詳細を見る


           すばらしい! 4500円+税円 なので、図書館で借りた。
           著者 ケヴィン・ケリーは、元 ワイアードの編集長。
           TEDにもご出演。現在 cool toolsの代表?
           このcool tools にも、The Technium というのがありました。
           「人工知能とエイリアンの知性・知能の話」というタイトルがついてましたが、中身は、
           “What Do You Think About Machines That Think?” 
            むずかしい単語がそれほどなく、面白かったです。
           

           本にもどって、「テクニウム」というのは著者の造語で、アマゾンに書いてあるので見てください。
           技術の進歩を、生命の進化のように説明していく、おもしろい本でした。
           テクノロジーにも自己推進、自立的、不可避な流れがあるだろうと。
           生命と違うところは絶滅しない ところなど。
           420ページの大作なので、まとまりませーん。

           テクノロジーの薄気味悪さは、自分より後から生まれてきたのに、安くて高性能だから!?
    
           アーミッシュ、ユナボマーの話もおもしろかったです。
           アーミッシュの方はみんな馬車にのっているのかと思ったら、そうでもないとのこと。
           宗派によって、機械文明の受け入れ方が違うらしい。
           知らないこと、ばかりで嫌になりますなー

           TEDは字幕が無いとよくわからん。
           ・ケビン・ケリーが語る「ウェブのこれからの5000日」



最近のケリー







      
 
           
般若心経 2


『般若心経』 2014年9月 (100分 de 名著)『般若心経』 2014年9月 (100分 de 名著)
(2014/08/25)
佐々木 閑

商品詳細を見る


            来年は、写経を始めよう~ と。
            小学校時代の通信簿に「落ち着きがないと」先生に指摘されてから、
            行く年月。もうちょっと 落ち着こうと思う。しかしながら、リチャード・ドーキンス
            の「神は妄想である」もありますし、若干 葛藤があるのも事実。
            そのへんから 心を無にしなければ ならないのかしらん!? 道は遠い!


           ・100分de名著  般若心経 1/4 「最強の262文字」


            しかし、般若心経の言っていることはすごい!!
            なぜなら、解説によると それは、お釈迦さまの考えを、否定しているのだから。
            P7「釈迦の時代の教えを否定することによって、釈迦を超えようとしている経典」
            なのだそうです。大乗仏教の誕生は壱大宗教改革だったのですね。よく
            弾圧されなかったですね。
            御存じでした? わたしは知りませんでした。

            「色即是空」の「空」の意味が、お釈迦さまの解釈と般若心経の解釈・定義が違う
            というのにも 驚きました。なぜなら、般若心経は「大乗仏教」のお経で、お釈迦様が
            亡くなってから 500年ぐらいあとにできたのこと。 知らんかったー

            どうも、原始仏教の論理展開は緻密で論理的なので、一般人はついていけなかった
            もよう。難しいですね~

            「舎利子」という方がでてきますが、その方は お釈迦様の10番目のお弟子さん。
            そのお弟子さんに、観音様が 教えをといているという形になっているのだそうです。
            ここでのポイントは観音様はお釈迦さまの時代には存在していない菩薩だそうです。
            新しく来た新人が、古参のかたに 教えをといているところが、昔の否定になっているのですね。

            そもそも お経というのは、呪文なの? 普通に漢文を読むように読んではいけないのかしらん?
            そのへんが、なんだか よくわかりません。



  




            
彼女にフラれる

       寒い!
      
ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち いま読みたい38人の素顔と作品ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち いま読みたい38人の素顔と作品
(2014/09/16)
都甲 幸治、西脇 雅彦 他

商品詳細を見る



こうしてお前は彼女にフラれる (新潮クレスト・ブックス)こうしてお前は彼女にフラれる (新潮クレスト・ブックス)
(2013/08/23)
ジュノ・ディアス

商品詳細を見る



         「ノーベル文学書にもっとも近い・・」の、「ジュノ・デイアス」の紹介文がおもしろかった。
         タイトルの「こうしてお前は彼女にフラれる」が、どうノーベル文学賞に近いのか知りたくなり
         よんでみました! 

         これは、おもしろい!!!!
 
          ユニオール (ドミニカからアメリカへ少年期ごろ移住、移民。家庭は裕福ではなかったが
          大学に入る。大学の先生でインテリ)が、浮気を繰り返す(解説によると 脅迫的に!)
          それが ことごとくばれる! というわけで、タイトルの「彼女にふられる」ことになる。
          このどうして「浮気」が、やめられないのか? が、ノーベル文学賞にちかいの?
          「訳者のあとがき」にある ジュノ・デイアスのインタビューを読んで、みょーになっとく!
          下世話な感じがするものの、奥が深く!?、落語の話をよんでいるようでした。

      分娩室で叫ばれた言葉には、もう笑うしかない!
         

          240ページ弱しかないので、ぜひ、読んでみてください。
          下ネタみたいのが多いですが。

          今や海外文学の初版が1,500部! と言われている時代。
          翻訳者になりたい方は、大勢いるのに、読者がいない!
          おもしろいんですけどね~ 商売にはなりませんねー こまりましたね。こりゃ。

         
          文学賞のほうに書いてありましたが、アメリカのスペイン語人口は5千万人で
          スペイン本国より多く、これを上回るのは、人口 一億人のメキシコだけだそうです。
          アメリカはすでにスペイン語の国! とのこと。








          


プロフィール

denko

Author:denko
   2008年 4月  多読開始
          8月  100万語
         11月  200万語
   2009年 7月  500万語
   2011年 3月 1000万語
   2012年10月 1500万語

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。